本文へスキップ

住職の顔の見える寺をめざして 

法話Buddhist sermon


泥中の華


曹洞宗松雲山長光寺 
         住職 福島 伸悦

   

 

わが故郷行田古代蓮の里には、今40数種類の蓮が見事に咲き、多くの人々を魅了しています。また、行田市には60数ヵ寺がありますが、そのうち43ヵ寺が蓮を植え檀家さんをはじめ訪れる人々に癒しを与えています。古代蓮の里とはまた違った趣を醸し出しています。
 ところで、私のお寺では、今年忙しさに紛れ、蓮根の株分けをしませんでした。株分けをして新しい田んぼの土を入れる手入れをすると元気な蓮花が、泥中から綺麗な純粋無垢な姿を現してくれます。
20鉢の蓮を管理していますが、手入れをしなかったせいか、現在45鉢の花しか咲いてくれません。なんでもそうですが、愛情をこめて手入れをしなければ相手は答えてくれません。
 
ところで、私たちは、泥は汚いものと思っていませんでしょうか。蓮は泥に染まらず、清らかな別のところにあるかのように私たちは錯覚します。しかし、清水の中では蓮は育ちません。泥があって初めて花を咲かせます。
 仏教の言葉に、「煩悩即菩提」という言葉があります。泥が煩悩で、蓮花が菩提という事です。煩悩のないところ、悩みや苦しみや迷いがないところには、悟りも喜びもないという事です。ですから泥があって初めてあの清らかな美しい花がさくのです。自分にとって一番つらい事、悲しい事、触れられたくないところとしっかり見据えるとそこが実は仏の世界なのです。 お釈迦様は、この世を四苦八苦の世界、思い通りにならない世界、迷いの世界だとおっしゃっています。この迷いの世界こそ悟りの世界だという事です。なかなか私達凡夫にとって難しいですが、もがき苦しみの中から自分の花が咲くのだと思います。

 

 

剃髪をして法衣を着、袈裟をかけ、自然と歩き方も違い、法話 (Buddhist sermom)バックナンバー

 発行日  法 話 名
2017.7月  泥中の華 NEW
 2017.6月  その一言  
 2017.3月 ギアチェンジ   
 2017.1月 魔法の言葉
 2016.9月 かたち 
 2016.5月 笑って大往生 
 2016.2月 三猿
 2015.12月  色即是空 空即是色
 2015.11月  スマイル
 2015.4月 「サル化」する人間社会
 2014.4月  「而今(にこん)・・・今でしょ」
 2014.1月  鼻尖(びせん)恐怖症
 2013.6月 「あたりまえ」の大切さ
 2012.11月  幸せの座標軸
 2012.5月  一歩踏み出す勇気


 顔の見える寺を目指して




エンゲージッド・ブッディズム(Engaged Buddhism)?


聞き慣れない言葉かもしれません。「密接にかかわる」「従事する、参加する」という意味で、「行動する仏教」と訳すことができます。ベトナム僧・ティク・ナット・ハン師が提唱したこの教えが、全世界の仏教徒に浸透しています。人との関わり、地域社会との関わり、自然とのかかわりという自分を取り巻くものと密接に関わり、行動参加していこうという考え方です。
 国際布教師(1980年〜1990年)としてアメリカに渡り、アメリカに根付きつつある、抹香臭くないダイナミックな生きた仏教に出会い、僧侶としての自覚を新たにしました。そして、仏教の持つ限りない可能性と思想の深さ、そして、社会的使命を再発見したのです。いま振り返ってみると、アメリカでの十年という歳月は、色々な方との出会いの中で私にとってかけがえのない期間だったと思います。そして今、地域の中で寺の存在価値を高めていくためには、住職の顔が見える具体的な活動をしていかなければならないと実感しています。


福島伸悦(ふくしましんえつ)住職 プロフィール

長光寺住職(曹洞宗僧侶)。
1952年(昭和27)埼玉県行田市生まれ。
74年駒澤大学仏教学部禅学科卒業、76年曹洞宗大本山永平寺安居修了。80年曹洞宗教化研修所修了、同年5月アメリカ布教のため、曹洞宗北米開教総監部ロスアンゼルス禅宗寺に駐在国際布教師として赴任。82年83年全米アマチュアダンス選手権チャンピオン。90年興徳寺住職として帰国。2005年SOTO禅インターナショナル会長。
現在は、長光寺住職・興徳寺・東泉寺兼務住職を務めるかたわら、SOTO禅インターナショナル相談役、行田市仏教会会長を務める。香道・茶道・俳句など文化芸術への関心も高い。また、地域社会では、出会いと人の輪づくりを目的としたスターダスト・ヒューマン・ネットワーク・ディレクター。

著書


 随流去
幸せに生きる禅の智慧

 
(MOKU選書)
   1620円
(税別)
「流れるままに」
  (北米開教総監部)
   非売品
「道元の世界
 現代に問いかける禅」

  (共著:NHK出版)
   1600円
(税別)