本文へスキップ

住職の顔の見える寺をめざして 

法話Buddhist sermon


心の断捨離


曹洞宗松雲山長光寺 
         住職 福島 伸悦

 

 やましたひでこさんが提唱する「断捨離」は、ベストセラーにもなり、世の女性の皆様方に大変支持を受けています。やましたさんとお話をする機会がありましたが、断捨離は、ただの片づけ術ではありません。モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトだというのです。モノへの執着を捨てて、身の回りをきれいにすることによって、心もストレスから解放されスッキリするというのです。私も経験がありますが、机の上を整理したり、トイレ掃除をしたりすることによって、心の中も何となくスッキリするものです。ですから、物への執着から離れることは、こころの問題と連動していることに気づかされます。
 私達は物をため込んでしまうと同時に、知らず知らずのうちに自分自身の心の中にも重荷を背負いこんでしまっているような気がします。その原因は、何かというと日本人の美徳である「もったいない」という考え方に縛られているからだと思います。

 断捨離とは、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である「断行(入ってくるいらないものを断つこと)」「捨行(家にずっとあるいらないものを捨てる事)」「離行(物への執着から離れること)」を実践することです。不要な物を捨てることは、物への執着から離れることです。執着から離れることが出来ると、自分自身で作り出した重荷から解放され、心身共に身軽になり快適な暮らしができます。つまり、必要のないものを断捨離することによって、本当に必要な物が見えてくるはずです。あなたも最初の一歩を踏みだしてはいかがでしょうか。

           

 

剃髪をして法衣を着、袈裟をかけ、自然と歩き方も違い、法話 (Buddhist sermom)バックナンバー

 発行日  法 話 名
2018.3月  心の断捨離 NEW
2018.2月  忖度は損得か? 
2018.1月  陽転思考 
2017.12月  対大己法 
 2017.11月 芸術は爆発だ! 
 2017.10月 おもいやり 
2017.9月 美味しいワイン
2017.8月 怒りの心 
2017.7月  泥中の華 
 2017.6月  その一言  
 2017.3月 ギアチェンジ   
 2017.1月 魔法の言葉
 2016.9月 かたち 
 2016.5月 笑って大往生 
 2016.2月 三猿
 2015.12月  色即是空 空即是色
 2015.11月  スマイル
 2015.4月 「サル化」する人間社会
 2014.4月  「而今(にこん)・・・今でしょ」
 2014.1月  鼻尖(びせん)恐怖症
 2013.6月 「あたりまえ」の大切さ
 2012.11月  幸せの座標軸
 2012.5月  一歩踏み出す勇気


福島伸悦 著書




 随流去
幸せに生きる禅の智慧

 
(MOKU選書)
   1620円
(税別)
「流れるままに」
  (北米開教総監部)
   非売品
「道元の世界
 現代に問いかける禅」

  (共著:NHK出版)
   1600円
(税別)






ナビゲーション




店舗写真
  • information

    長光寺

    〒361-0004
    埼玉県行田市須加4621
    TEL.048-557-0999
    FAX.048-557-2347